空室対策のひとつとして、家賃を下げる方法があります。
もちろん家賃を下げることで空室が改善する場合もあります。

しかし・・・家賃を下げると

  • 家賃収入が減る
  • 一度下げた家賃は上げづらい
  • 建物の資産価値が下がる(将来の物件売却価格にも影響がでてしまう可能性がある)
  • 入居後のトラブルが多い傾向がある

などのリスクが発生します。

「間違った空室対策」してないですか?

満室経営に向けたステップ

  1. 1.情報分析を行う
  2. 2.物件に応じた対策を講じる

1.情報分析を行う

「空室対策」を行うためには、まず「空室の原因」が何なのかについてしっかり分析しなければいけません。

  1. 競合物件との差
  2. 問い合わせ・部屋見学の数
  3. 入居者の平均入居期間

2.物件に合った対策を講じる

情報分析ができたら、オーナー様の物件に合った対策を取りましょう。
様々な対策がありますが、以下のような方法があります。

  1. 初期費用を下げる
  2. ペット可、DIY可など他物件と差別化を図る
  3. リフォーム・リノベーションで部屋の価値を高める

1.初期費用を下げる

入居希望者の方の費用負担が減るので、引っ越しをしやすくなるメリットがあります。また浮いた費用で家具・家電を揃えることができます。
しかし、大家さんの収益が下がるデメリットがあります。

2.ペット可、DIY可など他物件と差別化を図る

募集条件を広げることができます。近隣の競合物件が取り入れていない条件を付けると、入居希望者が現れる可能性が高まります。
しかし、判断を間違えると無駄なコスト増につながることもあります。

3.リフォーム・リノベーションで部屋の価値を高める

空室を早期に埋めることができるだけでなく、家賃の値上げも期待できます。
しかし、市場調査をせずにリノベーションを行うと、施工後も入居者が決まらなかったり、想定した家賃で入居してもらえない場合があります。投資分をしっかりと回収できるかどうかを考える必要があります。

ABCのリフォームは、お部屋の収支に合わせた工事金額の設定と、家賃の設定を行っています。
仲介で得た情報を元に、入居してもらえるお部屋づくりをしています。
リフォーム事例
リフォーム事例
リフォーム事例

家賃保証付きリフォームプラン


長崎市内で賃貸アパート・マンションに特化したリフォーム・リノベーションを行っています。
また、不動産会社として、その後の客付まで責任を持って対応しております。

当社ではリフォームさせていただいたお部屋の家賃保証も行っております。

まずはお気軽にご相談ください

リフォームに関するご相談はこちら

建築事業部・設計デザイン部

095-816-1717
(受付時間 9:00~18:00 水曜定休)